更年期から墓場まで

子梨・更年期BBAの私見偏見吐露雑談ブログです。

WEB漫画|町内会と私017|町内会を退会したらどうなるか

やめたい、でもやめられない町内会

あ~町内会、自治会、めんどくせえ やめてえ

と誰しも一度は思うのではないでしょうか。

私も、正直に言いますと、いつもやめたいと思ってます。

ええ、ええ、次回引っ越すときには、町内会があるかどうか、不動産に確かめて、ないところを選ぼう!自治会町内会がある地域に住むはめになるなら、最初から固辞、きっぱり入らないでいようと、心に決めてます。毎日、空の星に太陽に誓い過ごしてますとも!

そりゃ、いい人も多いし、死ぬほどのことを要求されるわけではないけどね~。

真夜中のファックス

FAXをなぜか寝静まった深夜に送ってきて起こされた。操作を間違えたのか、書類は真白!

おい、裏返して送付してるやろ!

それもなんと非通知でやんの!だから誰が送ってきたかわからない、真白のファックス。昨日送った広報の校正願いの返送以外ありえない。三役のじいさんのうちの誰かであろう。その人を特定するために、全員問い合わせるはめになるこっちの労苦のことを考えたことがあるんかよ。明日仕事なんだよ!あたしは。

町内会のだれかの間違いファックスのせいで?くそう、くそう。結局、電話でもたもた、ピンポンでだらだら相談しかないのかよ。町内会は、それしかないのか。メールはもちろんだめ。FAXすら使えないのかよ。(バカにしてるつもりはないんです。すいません。でも、ほんまに正直な気持ちです。)

深夜に非通知で白い紙がFAXされてきた絶望感を分かってほしい、ああ、誰か…。

そいでもって、来週は、赤十字やらなんたらとかの団体の寄付金を一戸一戸訪ねて、集金しろだと~?!なんで町内会がせなあかんねん。赤十字募金は他でやってるよ!私が1円たりとも寄付する気ないのに、なんでそんなヤク○トよろしく赤十字のために訪問営業せなアカンねん!

もう絶対絶対、いやですね。町内会。来世も前世も現世も、私には町内会は必要ありません!百回だって言いますとも!

そうまで言うならすぐ辞めればいいじゃないか、という理屈もありますが、

このマンガの通り、いろいろと不都合があるわけです。

最初から入らないにかぎる町内会

たぶん、やめたくてもやめていない人は多いのではないでしょうか。やりたくてやってる人なんてほぼ0%じゃないですかね?あの役員選出時のいや~なムード…。全員いやいや、参加している。

しかし中途に止める人は、ほとんどいません。よほどのことがないかぎり。

最初から入っていない、というパターンは最近増えているようです。引っ越すときに町内会がないような地区を選ぶか、住み始めの最初の段階で、入らないでいるという選択です。

それだと、軋轢はありません。

●最初からあの家は町内会に入らない変人だ、というレッテルが貼られるのと ●途中から、一抜けたして、陰口悪口、冷たい目で見られるのと

どちらがいいか。

もちろん、前者です。試しに入ってみて、嫌なら抜けたらいい、というのはありえません。それは必ず村八分を誘発します。なぜなら、人は、元々仲間でなかった人には寛容だから。けれど、自分たちのテリトリーの中にいた人間、元仲間の裏切りには不快感をあらわにし、それを許したくないから。

最初が肝心。町内会と縁切りをするには、引っ越ししたとき、入居した時以外にはチャンスはない。

町内会による不快な目にあいたくなければ、町内会に最初から入らないでいること。それしか、解決法はないのだと最近わかってきました。

町内会に入っていないとゴミは捨てられないのか?

確かに、ゴミ捨ては市民の当然の権利でです。自治体の委託を受けてゴミ集積場を管理しているのが町内会。つまり、市の下っ端にあたるのが、町内会なのです。なので、市民税を払っているかぎり、団地内のゴミ捨て場にゴミを捨てるのは当然のことなのです。町内会に入っていなくても、捨てられるんですね。(掃除くらいは受け持つのはマナーでしょうが)

しかしそういう思考回路でない団地の住民99%はそんなこと理解できない。基本ボランティアであること、ボランティアは参加の有無関係なく、公共のためのものであるとは判断しないんです。

あの家、町内会に入ってないのに、ゴミ捨ててるわ~、町内会のお金でつけた街灯の下歩いてはるわ~。町内会が掃除している団地の公園で子供遊ばせてるわ~なんてヒソヒソやられるのはたまりませんよね。

姑的連鎖の町内会

なので、一年辛抱したらいいんだわ、と 唯々諾々やるはめになる。そして、その恨みつらみが次世代に伝えられる。「私が我慢してやったんだから、あの人もやるべき!やるべきよ!」という姑的呪術をかけてまわるはめになるのだ。そういう顔つきのオバさんがいっぱいいるよ。役員の中に。自分の仕事より、他人のことばかり気になるおばさん。うちに電話かけてきて愚痴こぼすわけ。「あの人がいかに無能で怠け者で、私が嫌な目にあってるか」と。聞いてる私の時間をうばっているよ、あんたは。その人が無能だと本当に思うなら、助けてあげたらいいじゃないのよ。なんてイケずなんだ。他人がさぼってないかとかチェックするなんて不毛、時間のムダ!

(サボりたい人がいてもいいじゃん、くだらない業務なんだから)

あと人の作った書類の誤字脱字を探すことに命かけてる人とか。広報の書類なんて読めたらええねん。数字が間違ってなければええねん。てにをはが多少間違っていても、何も法的にも罰則はない。

私のときにはこうだったのよ!私はPTAを長いことしていて、子供や地域のことを考えてるのよ!…と指導&説教したがる人。たかが町内会なのに。あ~やだやだ。人は嫌な業務をしていて、それが解消できない場合、そのストレスを内部の他人に向けたがる。おばちゃんは特にそうだ。そんなひまがあったら合理化の提案出してみたらええのにね。でもやらないのよ、悪口大好き、自分より他人に興味がある、お気の毒な人たち。

(ネットでもたまにメールがくるんですが「どうしても気になってしょうがないから教えてあげます。こことことが文法的に間違ってますよorこの表現は私の心を傷つけました。」と。どうしても気になって”教えてあげたい”ほど私のサイトをご愛読いただいているのはありがたいですが、どんだけ暇なんやと。)

ダメ、絶対w

このブログをお読みいただく人には、萩谷もここで悪口言ってるじゃん!と言いたいとは思うのですが。すいません。こうしてマンガでウサを晴らすので、なんとかニコニコ対応できるんです。読んでいただいて、すんまへんすんまへん、ありがとうございます。

あんな顔つきになる前に逃げたいよ。だから、次引っ越ししたら、町内会は参加しない。ダメ、絶対。

※ここで書いているうちに気が晴れてきました。深夜の白紙ファックスは無視することに決めました。非常識な時間に裏表も確認せずファックスしてくる人間が書いてくる内容なんて、どうせろくなことじゃない。たぶんあの、役員のオバチャンの一人のアイツだ。人の作った書類の内容に関係ない、送りかながどうとか、ですますまで口を出してくる、よくマウンティングをしかけてくる人だ。更年期ですかあ?と聞いてやりたいが、それをやれば同レベルになってしまう。うん、無視にかぎるな。なんか言ってきたら

「白紙が来たんですけどなんだったんでしょうねww」

とすませばいいのだ。

寄付金の戸別勧誘もしない。しないことにした。勧誘しろと言ってきている人間はその団体の関係者でなく、ただの引き継がれた私と同様の役員だ。やるように言えとマニュアルに書いてあるから言ってきているのだ。こっちが勧誘しているかチェックなどしてこない。万が一チェックしてきたら

「よく聞いてなくて何のことですかあ?ww」

ですまそう。そもそも、もし、チェックしてきたら、そんな暇で偏執的な奴はパラノ○ヤとかそういうのだから、近づかないにかぎる。やってはいけない。うん、やらない。

…われながら低レベルなブログになってきたなあww