更年期から墓場まで

子梨・更年期BBAの私見偏見吐露雑談ブログです。

パチもんルンバと布団乾燥機と:家電は買い替えるものだと考えが変わる

結婚して揃える家具や家電を、花嫁道具って言うじゃないですか。

今の人は言わないか。

新品の冷蔵庫だとか洗濯機だとか揃えて結婚するんですね。私は金なかったし晩婚だしさほど家電を新しくしませんでした。

しかし、昔ながらの感覚で

家電は一生使うもの、最低10年以上は使うものだ

と思い込んでいたんです。

しかし、先日買った象印の布団乾燥機がすごかった。で、家電は買い替える方がいいなあ、と考えを変えました。

最初、いわゆるマット(袋)を布団に入れる昔ながらの布団乾燥機を使っていたんです。しかし、アイリスオーヤマのマットなしのが安かった。で、それが異常に使い勝手が良かった。

カラリエというやつです。

価格も安いし、アイリスオーヤマってなんて素晴らしい会社なんだとビックリ仰天したのです。

しかし、これが先日壊れてしまった。やはり最近の家電はすぐ壊れるのかと。しかし3年はほぼ毎日使っていた。そんなに使えば壊れるわな。

マット入りの従来の古いタイプ(パナソニックのだったか)は週に一度使うか使わないかだったから、使いやすさと汎用性では、アイリスのがはるかに勝っていたということです。

で、同じカラリエにしようかと思いきや

アマゾンレビューに心動かされ買った象印の布団乾燥機

象印 ふとん乾燥機 マット&ホース不要 ブルー RF-AA20-AA

象印 ふとん乾燥機 マット&ホース不要 ブルー RF-AA20-AA

 

布団乾燥機としては少しお高めです。しかし、その性能たるや…

象印あっぱれ。ジャパンメーカーすげえ。

ついに出た。ホースもマットもない布団乾燥機。30分で超フカフカ。

現在、私も夫も強烈な抑うつ状態にあるんですが、布団がホカホカになるだけで違うのです。晴れるのです。

心がけだのカウンセリングだのセロトニンだの大事でしょうが、

いまここ、目の前にある布団がホカホカのフワフワになるだけで、この気持ちの違いよう

といったら!

抑うつの夫がフカフカの布団に入ったとたん「ああ…!」と感涙しました。

鬱の人に「元気になれ」「がんばれ」だの禁句らしいですが、布団がホカホカになるだけで人は勇気づけられます。落ち込んでいる家族や友人がいたら万の励ましより、布団乾燥機をプレゼントしたり持ち込んだりしてあげるのが良いのではないか。

そのくらい気軽にフカフカになります。

ほんと、色々小難しいこと考えるよりずっといい。最新の布団乾燥機ひとつで変わるんだと。

忘却のサチコがドラマ化されましたが、サチコはずっと失恋の痛手から抜けられないんですね。しかし、美味いものを食べているだけで忘れられる。

忘却のサチコ(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

忘却のサチコ(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

 

問題はさほど解決しないかもしれない。社会は悲劇は苦痛は世界は変わらないかもしれない。しかし美味しいものを食べているときは悲しみを忘れ、仕事をし、人と話せる、笑顔が少しでも取り戻せる。それが大事だと。

フカフカの布団から出たら悲しみが待っているかもしれない。

ですが、フカフカの布団にいる間は眠れ、安心できる。そんな喜びと忘却をくれた象印!ばんざい!ありがとう!

電化製品は2~3年程度で買いかえるのが一番です。良いのが出たら買い替えるという意識で家電は買うものだ。

それがようやく分かりました。機能のアップするスピードが高度成長期の比ではありません。価格もそうです。ルンバ以上に掃除機ロボットはないと思い込んでいましたが今回購入したのが5万どころか2万をきった。

もはや戦後ではない、ではないですが 思いもよらない進化が家庭内に押し寄せている。

▼最近読んだ記事

anond.hatelabo.jp

まさにその通りです。

物理で殴れば家事はあ!という間に終わり、家族との時間が増える。一緒に泣くこともできるし笑うこともできる。

この1か月のストレスで私の毛が毎日抜けるんですね。抗がん剤の時ほどではないにしろ。掃除機をかけてもかけてもモップやワイパーが追いつかないくらい。

元気のいい時は取るんですが、さっき拭いた床、今ピカピカに磨いた床に、自分の毛がハラハラと落ちたとき オーヘンリーの小説みたいに絶望しました。

ルンバは去年壊れたので、床くらいは心を込めて拭こうかと 最近手拭きやモップかけにいそしんでいたんです。

しかし、そういう心をこめてとか ステキ女子 とか 丁寧な暮らしとか

そういうのが出来るようならこんな事態にはならないし、いつか出来るようになったらやればいい。今は物理で殴るのが正義だろう。しかし、布団乾燥機に予算をオーバーしすぎた。ルンバを無理して買うのか?ダイソンはあの変なデザインが性にあわない。マキタをもう数本買って部屋ごとにばら撒こうか。と考えていたら

やっぱりアマゾンのレビューにやられました。

ILIFE V5s Pro ロボット掃除機 水拭き 乾拭き両対応 床拭き 静音&強力清掃 本体

正月のタイムセールで4000円ほどの値引きについ買ってしまった。

良い感じに動いています。

なんと水拭きもできるそうだ。

いや、水拭きはホドホドでいい。ここまで上手くやってくれたら。こんなに安くてうまく掃除してくれるなんて。

家中に散らばる自分の毛を追いかけ回してキ~!となっていたこの1か月はなんだったんだろうか。2時間程度でピカピカにチリひとつなくなった床。

前いたルンバも良くやってくれましたが、このパチもんメーカーの性能は前よりもずっと静かで吸引力がある印象を受けました。

前のルンバ(5年ほど前に購入)がもうとっくにバージョンが古かったのだと思います。この商品のレビューにルンバの方がずっとよく吸うというのが少なくなかった。なので、ものすごい勢いであれからルンバもパチもんも性能は上がり続け、価格競争をし続けていたのです。

▼この価格なら衝動買いするやろ、ほんま。