更年期から墓場まで

子梨・更年期BBAの私見偏見吐露雑談ブログです。

そして僕は途方にくれてサプリに走る…エクオールへと…

昨日の続き

血液検査の結果を粛々と受け止め、ピルあるいはパッチで更年期終了まで過ごそうとした。しかし、医者との話し合いの最中に思考停止してしまった。

www.hagipu.com

 

 

女医「問題を整理してみましょう」

 

そうですね。整理してみます。

まず何が大事か

 

○子供がまだちょっとは欲しい…気がする

○更年期症状 ホットフラッシュをなんとかしたい

○更年期症状 眩暈(めまい)をなんとかしたい

○更年期症状 イライラをなんとかしたい

○更年期症状 眠れないのをなんとかしたい

○生理前のPMSがひどいのをなんとかしたい

○生理周期がバラバのをなんとかしたい

○生理痛が重いのをなんとかしたい

○排卵日も辛いのをなんとかしたい

 

つまり更年期障害と生理とその前後症状が40歳を超えてから年々辛くなって日常生活もままならない

 

というのが実態だ

 

女医「どうしたいですか?」

 

そうそう、私がどうしたいか、だ。社会の要請するどうすべきか、ではない

 

実はもう一番上の願い

○子供がまだちょっとは欲しい…気がする

はもはや夢物語だと悟ったのだ。しかし一番強い願いだったから長年捨てれなかった。

ようやく捨てたのが一年前だ。今冷静に判断したら、この願いは妄想である。優先順位としてはいまや末端だ。理性で考えると。しかし、しかしながら

 

しかし、私の心や状況に関わらず

私の子宮・卵巣・脳。

人間のメスとしての身体機関は、

この生物の願い(生殖・子産み)だけを叶えようと

健気に稼働中なのだ。

 

私の身体と理性が乖離(かいり)しているのが問題なのだ。

 

だから更年期障害という症状がでてくるのである。人間のメスの老化がはじまるとこうなるのが摂理なのだ。

 

私の今実行するべきな、現実的な願いは以下だ▼

 

元気になりたい 仕事がしたい 働いてお金を貯めたい 友達が欲しい あちこちに行きたい 生理や不妊治療・更年期障害に振り回されてそれが年々不自由なっていた。だからピルを飲むようになったのだ。

 

女医「なるほどなるほど」

 

でも 私の子宮がまだ頑張っている 健気に卵巣も最後までお勤めを果たそうとしている

 

プッスンガッタン ヨロヨロと倒れては立ち上がり 指令が聴こえない耳が遠い でもなんとかやるぞと ずるずると足をひきずり 卵を出すのだ 受精の準備をするのだ それ皆まだ諦めるな、今月こそはと

 

やつらが息絶え絶えになりながら受精をしようと毎月仕事をしているというのに

私が 自分が早くラクになりたいからと 彼等の気持ちや頑張りをケミカルで抑え込んでいいのか

 

と一瞬考えてしまった。

ほとばしるような本能で、今、躊躇しているのだ

 

女医「そうか、気持ちが辛いのね」

 

そうなの!そうなんです!

 

せつないんです オンナって…

 


アン・ルイス WOMAN

 

冷静に考えたら

 

今万が一子供ができたら もちろん堕ろさないし 大事に全力で育てたい

しかし…しかし…現実に

長年の不妊治療でお金もつきかけてている。

なにより今の自分がもうオバサンそのもので体力ない

今できたら子供が成人するまで頑張れるかと聞かれたら

ぜったい無理無理無理

子供が成人したらお婆さんだよ

今こんな更年期でヘトヘトで、体力集中力切れていて

徹夜の乳やり 寝かしつけ トイレトレーニング

例えば子供とUSJや枚方パークで走りまわったりなど出来るわけないぞ

 

それでも一年前は強烈に子供が欲しかった。葛藤のあげく一年前にもう治療終えよう 子供あきらめようって思ったあの時が境だった。今落ち着いて自身に問うに

あの時ほど前ほどは子供が欲しいって思っていないのよ…。

 

もうあとは淡々と働いて、時々休んで、老後資金を貯めたいの!オンナの本能に振り回されないで老後の準備をしたいのよ!

 

というのが一番の願い。エゴイストだけど。

私はもう、高齢者に片足つっこんでるの。同じ年で産んでる人も少ないけどいるって聞くけど。同年代でも不妊治療を頑張っている人もいるの知ってるけど。

 

”私”はもう打ち止めにしたいってのが正直な本音なんだよ。

 

でもそりゃ、棚からボタモチ的に子供ができたらそれほど嬉しいこたあないんだよお。ああ、身勝手な願いだ…。

 

女医「ありゃあ本当に身勝手ですねえ」

 

たとえばですよ。日常は漢方でしんどさを散らして、PMSや更年期症状が我慢できないほどにきつくなったらホルモンパッチを救急対処療法として使うのはどうでしょう?ピルって好きな時に飲めないじゃないですか。パッチは好きな時に貼れて即効性があるじゃないですか。

 

女医「…理屈では分かるけど。そういう使い方は誰もしてないからおすすめしないわよ」(←嫌そうな顔)

 

すいません、すいません。とふと女医の脇にあるサプリのハコが目についた。

 

大塚製薬 エクエル 112粒

それ?効きますかね?

とついうっかり聞いてしまった。

 

すると、急に女医の顔が医者ではなく

アム○ェイや生命保険のオバちゃんのようなキラリと眼の輝きが放たれたのを私は見逃さなかった!

 

女医「これ?効くって評判よ!」キラキラ…(° ꈊ °)✧˖°オホッ! 

 

あっ…(…察し…)

 

最近、この大塚製薬のエクオールサプリのエクエルが多くの婦人科で販売されているのを見聞きしていた。

数年前にはプラセンタをやたら打ちたがる更年期婦人科医者に会ったことがある。

今はこのエクエルがトレンドなのだろう。

効くからというより、何か医者にとっていいことがあるに違いない。

もちろんマージンとかの問題で…。

 

そりゃ効かないものを売らないだろうから期待は出来るかもしれない。

 

女医「効く人と効かない人どちらかに分かれるらしいけど。でも試してみる?!試してみたらいいんじゃない?」・゚+ *.。゚+(o'∀'o)+..。* ・+゚

 

ああ、そうですね。。。。

 

女医「サプリだから一か月以上は使わないとなんともいえないんやけど…」

 

じゃあ、1か月飲んでみます。

 

女医「うん!うん!笑笑笑 ホルモンパッチくらい効くっていう人も沢山いるよ!」

 

なら期待できますね。。。

 

でも、万が一、この1か月の間に、生理前症候群とかひどい更年期症状になったら、仕事や人間関係に失敗したら取返しつかなくなるから、頓服くれますか?いざというときのために。精神安定剤みたいなの。

 

女医「いいよ~。10粒ほどだすね。でも向精神薬的なものは中毒性があるからね、どうしても、というときだけに飲むんだよ」

 

はいはい。お守り代わりに持ちます。で、一か月すぎて、全然効かなかったら今度こそまたピル飲むことにします。

 

女医「はい~!お大事にい」

 

問題を先送りして永らえただけの診察でしたが。この1か月で気持ちも落ち着くだろう。

 

結果、

漢方「加味逍遥散(かみしょうようさん)」

「桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)←読めない覚えられないこんな名前」

そして安定剤リーゼ10mg

大塚 エクエル 30日分

 

診察代金と占めて 約8000円…!

もちろん代金の半分は自費サプリのエクレル 4000円だっ!

なんなんだ。どうしたらいいんだ。うっかりと。

万が一効いたとしても、こんな金額毎月払えないよ。。。。

出来心です。なんかまだ頑張っているらしい子宮ちゃんを延命させてあげたいような気がしてしまった。

今回の生理から地獄を見るかもしれん。。。。ああ、どうしよう。

しかし、このエクエルが効くかもしれん!エクエルに(ちょっとだけ)掛けろ!

このエクオール(大塚の商品名エクエル)実態は、大豆の発酵菌!らしい。

あの大豆イソブラボンのようなものらしいですが、直接に豆食べるより、これ飲んだほうがいいのだと。

定義としては「食品」

 

薬ではないので、保険が効かないのだ。

 

今飲んで3日目。

何がいいのかさっぱり分からない。

 

ひとつだけ劇的な身体変化があった。

異様なほどお通じがいいのだ。

 

以前よりミヤリサンやラブレでそこそこンコさんは出ていたが

このエクエルを飲んだら即座に腹がゴロゴロ言い出して数時間後、

優等生なバナナ状のボリュームのあるやつがするりっと。

何が私の腸で起こっているのか。

 

しかし、更年期やPMSにどう効いているのか、全然いまだに分からない。

1か月は飲んでみないと分からないから飲んでみますが。

 

朝も例のごとく、再び更年期独特の子宮がど~んとした感じで起き上がれなかった。ローヤルゼリーを2粒例のごとく流し込んでようやく動き出せた。

もう、サプリだらけで訳がわからない。どうしてこんなことになったのだろう。。。

大塚製薬 エクエル 112粒

大塚製薬 エクエル 112粒