更年期から墓場まで

子梨・更年期BBAの私見偏見吐露雑談ブログです。

【サプリメント編】主婦湿疹 手荒れがこうして治ったの話をしてみよう その6

あんた大丈夫かと聞かれた

昨日 うっかり善良な友人がこのブログを見つけてしまい「大丈夫?」と聞いてきました。

すいません すいません 大丈夫です ブログでデトックスしているだけなんです 色々あけすけに書いてるようですが、沢山フェイク入れてますので、現実とは違いますよぉ。登場する人はあの誰かのことではないですよ(この「」が邪悪)私自身こそが私の行動様式に原因があるとも分かってますよ

前も書いたとおり、このブログは、自分のジキルとハイドのハイドみたいなものでして(「ジキルとハイド」ってよく聞くけど元の小説読んだことない。読んだ人っているのかな)あるいは、岡本太郎の太陽の塔の邪悪な裏側の方。

接客販売業をしているので、私の外見的内面的な僅かな天使部分を全て公的人間関係と仕事に絞り出しているんです。歯磨き粉のチューブみたいに。そして、その最後の残りを夫や家族相手に使いきり

哀れなチューブカスの容器の捨て場所がここなんです。見逃してください。

誰だって豆腐を作ればオカラが出るし、スープを作れば喰いきれない野菜繊維や骨だけが残るではありませんか

サプリ業界こわい

さて、手荒れの最後の顛末です。

手荒れ肌荒れアトピー 癌 不妊 その他疾患になったとき 一番危険なお誘いが多いのが「サプリメント」業界でしょう。

その辺の近所のオバサンもそういうのに毒されていることが多いので

不用心に自分の病気のことプライベートのことは明かさない方がいいです。踏み込んでくるし

各種ビタミン剤「ミキプル●ン」「アムウ●イ」を進められて飲んでみたりして

お付き合いでお金を捨てるつもりで余裕がある時はいいんですが 疾患のあるときは200%気持ちもお財布も余裕がない。なので結果、以前なら近所のちょっとうるさいけど気のいいご婦人だと思ってた相手への印象が変わってしまう。たかだがサプリを通して 殺意を抱くほど、嫌いな相手になってしまう。

マルチ業界や似非医療が蔓延しているサプリ業界

距離感は大事です。闘病の辛さを誰かに愚痴りたくなることはありますが、外野の素人のアドバイスで変な薬を飲んで効いたことは一度もありません。そういうものを販売代行している人ほど、病者の扱いになれていて、非常に上手に相槌や共感、傾聴をしてきます。一時愚痴って同情してもらえる蜜のような甘い時間と引き換えに、沢山のものが失われます。穏やかな人間関係と相互信頼を失うリスクがあります。

なんでサプリを売ってくる素人が危ないかというと、マルチネットワークに近い人がいる。サプリ業界の利ザヤが大きいからです。原価は低く売れると儲かるから。

とてもしつこいし嘘をついででも売りつけようとする。

意外にそのへんにいる普通のあの人がはまっている。そうして、ひそかに友人関係に「放射能を怖がっている人がいる」「癌になった人がいる」「アトピーで困っている人がいる」と聞きつけて表面上は親し気にしかしハイエナのようにやっていらっしゃいます。

家族ですらサプリはすすめてきます。悪意がないからたちが悪い。

サプリではないですが家族ですらステロイド剤をすすめてきましたので。周りの人は自分の人生で「のみ」見聞きした情報のみで判断して、よかれと思ってすすめてくる。こちらの何十年もそれと闘ってきた病歴など一切伺い知らないわけです。なので、思いやってくれるその好意には心底感謝しつつ、自分の体と心の声に真剣に向き合い、場合によっては、断る勇気と判断力は大事なのです。

「ありがとうノーサンキュー」

自分のことを大事に思ってくれる人ならその判断を尊重してくれることでしょう。断って怒る人とは縁を切りましょう。いい試金石になります。

病気のときほど、苦しいときほど、自分一人で考え判断し自律して闘わなくてはならないのです。それはとても大変ですが、あとで、自分の自信になります。身体的にも精神的にも経済的にも。

インターネットで販売されているサプリ

ネット上にも危ない記事やレビューやコメントは溢れているんですが

全部が嘘だとは言いませんが、断言します。グーグルをはじめ、広告を出しているサプリは100%詐欺・嘘です。

効かない悪化するとまでは言わないけど、そうまでして宣伝するものは、利ザヤがすごく大きいんです。販売価格に宣伝費が含まれているんです。大手の製薬会社のものなら、考慮してみてもいいとは思うんですが。聞いたことない変な社名は気を付けた方がいいです。

レビューの口コミならいいかというと、(楽天ショップやアマゾン)注意深く読んでいると、あ~これは正直だな、これはサクラでヨイショしているだけなんだな

なんて分かってきますよね。

だんだん、失敗と成功を繰り返し、どれがほんとか嘘か分かってきます。

嘘ではなくても、誰かには効いたけど自分には合わないサプリもある。色々試してみるしかなかった。それは投資でダメだったらしょうがないです。良かったらもうけもの。

医者に行っても大量のステロイドを勧められるだけなので(平成の今ですらそう)

皮膚科のキャバクラのママみたいな女医

優しそうな女医が濃度のきついステロイドを手に握らせ

「騙されたと思って塗ってみて!飲んでみて!数年かけて直してあげるわ!私を信じて!ダメだったらまた二人で考えましょう!」

と言われたとき、気色悪くて泣きたくなった。手をふりほどき、診察券を受付に返却し、足のチリを払って帰りました。「騙されたと思って」って…

騙されたくないですよ!

「数年かけて」って、もう30年かかってるんですが!

要するに、臨床経験も少なく最新論文なんて特に勉強なんてしてなくて、従来の古くからの大学で教えてもらったとおり~に一から皮膚科のセオリー通りに対応しようとしているんですね。

「信じてね!ダメだったら、、、」なんてよく言えますね。

なんでそんな実験台に私が乗らなくてはいけないの?

今までと同じく、またステロイド漬けになって私の10年が失われたとしても、女医は私に賠償してくれるとでも?!

皮膚科なんてこんなもんです。手荒れ肌荒れの医療は20年まえと全く変わってない。そんな医者ばっか…。

皮膚科を開業する医者は、9時5時で終わらせ残業しない激務をこなしたくない女医が多いとどこかで聞きましたが、、、笑顔で共感傾聴すれば患者を虜にできると信じている花畑脳に絶望しました。「●●(下の女性名)皮膚科」という名前で開業しているとこですね。そういうのが最近駅前のビルには多いわ。どこのスナックやキャバクラやねん。

二度と皮膚科医者は信じない。

自分であれこれして、体感して直すしかない、と覚悟しました。

少しずつ効いた漢方

青汁や漢方、めっちゃ色々飲みました。青汁は良くわからなかった…。

漢方なんて、漢方専門医にかかり、粉末じゃなくて、葉っぱから煮出すのまでやりました!

漢方はけっこう効いた記憶があります。

漢方だからすぐには効かなかったけど。じわじわ体が温まり、痒みが落ち着いてきました。手荒れ、肌荒れは表面上はすぐには良くならなかったけど、なんとなく、じわじわ、「ひいて」きたんです。

そこは、オリジナルで配合してくれて、薬の値段も安かったです。お医者さんの先生も、詳細に見てくれ優しい人で、会うといつも励まされ相談しやすかったですね。

病状に合わせて真剣に配合を変えてくれる。麗子皮膚科のあやつに爪の垢を煎じて飲ませたいものだ。

煎じて、、、まさに煎じた漢方でした。

京都駅、ヨドバシカメラに近いお医者さんです。検索すると出てきます。

一年くらい行ったんですが、途中で辞めてしまいました。何故かというと、その「煎じる」作業、煮出す作業が苦痛になってきた。

漢方の葉の量が多くて場所をとるし、持ち帰るのも大変、ものすごい匂いを家中に発するし、煮出す時間もそれなりにかかる。仕事とかできなくなっちゃいますので。。

そこそこ治ってきたら、漢方は飲まなくなってきた。

手荒れに効いたサプリ

コスメドットコムや楽天のレビューやら小町を見て、色々なハンドクリームやサプリを試しました。

マルチビタミンやら、お茶やら。

一番 効いて、今も効いているのが「ビオチン」です。

これは、あちこちで、あまりにも「効く」というレビューが多すぎて、最初は、例によってマルチアフィリエイト関係かな、と思ってたんです。

しかし、同じような年代の主婦湿疹、アトピーの実感のこもったレビューが多すぎて、あれ、ひょっとして…と思った。

折しも、ビオチンを処方してくれる医者が、大阪に、それも電車で1時間程度の場所にあるあるという。

それこそ「騙されたと思って」受診してみました。

ビオチンを関西で処方してくれる唯一の医者に行く

そこの医者は、いたって普通の医者だった。

ネットのレビューにあるような奇跡の片鱗は一切がっさい見えなかった。

適当なおっさん医者と他2人くらいでやっている。それでも口コミではやっているらしく、2時間くらい待たされて、

そして3分くらいで診療が終わった。

「見てください(泣)。この手、なかなか治らないんです」

…「あ~なるほど。ステロイド出しますか」(定型返答された やっぱり皮膚科はステロイド出すんですね。ステロイド出せっていう決まりがあるんでしょうか)

「いらないです。ビオチン出してくれるって聞きましたが」

「はいはい。んじゃ2週間分出しておきます」

これで終わりです。

ビタミン剤なんでメチャメチャ安いです。ほんまにこんなんで効くんかいな。と

ビオチンを試しに飲んでみたら

メチャメチャ効いた

そのレモンぽい味の粉を飲んで、2日たった。

恐ろしいくらいに効いた。

手の痒みが収まるどころか、今までなんとか漢方やらハンドクリームやらで一進一退を繰り返していたのが、みるみるうちに引いた。

言葉とおり、潮がひくように。

この30年の私の苦しみはなんだというくらいにひいた。

薬がなくなり、「なおるもんですね!」と興奮して医者に言ったら

「あ~はいはい」ってまた3分診療だった。

口コミで客が多すぎて忙しすぎて、各患者に向き合うなんて暇はない感じだった。それでもいい。それでいいのだ。

笑顔で「私を信じて!」なんて手を握ってくれなくてもいい。医者なんて3分でいいのだ。直してくれたらそれでいいのだ!ありがとう!ありがとう!

手荒れが終わった。ほんとうに治ってしまった!

(この一文、胡散臭くていいですね。我ながら)

体質に合っていた

このビオチン、ビタミンHはアメリカ様ではもう、普通にどこでも処方されるものらしい。アトピーの治療薬として。

生まれつきビタミンHが少ない人がいて、そういう人がアトピーになりやすく、その人は白髪が多いのだとか。

え、それ、私そのものやん。。。。

まさに私はビタミンHの少ない人だったんだ!アトピーで白髪が多い人だから。(10代から白髪だらけのアトピーまみれの人だった)

どうしてアメリカ様ではバンバンそれを出して、日本ではステロイドをバンバン出すのか。

効果的な抗がん剤が未だに日本では使えない事情と似たところがあるのだろう。

ネットでビオチンを購入

ビオチンのせいで、手荒れが治ってしまった。

手の甲には、今までの30年の闘いの歴史のように、痣ができた。手指はシワまみれのまま戻らない。

でもいいんだ。私はもう二度と婚活はしないし、今も昔もモデル女優になる気は毛頭ない。この手でいまや絵は描けるし(綿手袋を膿まみれにしながら以前は仕事をしていた)、素手で料理ができる嬉しさといったら!

用心のため、掃除や台所仕事は医療用手袋をしながらやっていますが。たまに素手でサラダをちょっちょ作ったり、すぐ果物を切ったりできるのが、こんなに幸せだとは!

ありがとうビオチン!ありがとう各種ハンドクリーム!ありがとうネットの正直なレビュー民!ありがとういつも見苦しい私を生ぬるく見守り見逃してくれる夫!

その医者はひどく待たされるし、処方されるたびに、受診するのは時間がない。なので、楽天レビューに従って、輸入サプリを買うことにしました。

海外サプリ輸入の店から買う

日本のメーカーのビオチンも販売されていますが、容量が少ないので。(実際日本の微量のものも飲んでみましたが、少ないと効かない感じがします)

アメリカ様のサプリは一粒の容量が多い。海外のサプリの含有量は、日本人には多すぎるとも聞きます。

最初の一年は、朝夜2回ビオチンサプリを飲んでいたんです。が、かなり完全に手荒れが治った段階で、朝、一回のみにしてみました。

それで更に一年たちますが、まったく問題ありません。

よく分からないんですが

ビオチンと一緒にミヤリサンという謎の整腸剤を飲むのが必須らしい。ンコさんがこれで更に出る。

その医者でも処方された。

これもやたらと安いです。

「騙されたと思って」ぜひ試してみてくださいw

一応、いつも買うところのアフィリエイトタグを貼っておきますwすいません。

ビオチン(ビタミンH) 5000mcg(5mg)60粒
価格:880円(税込、送料別)


 


 

どちらもアホみたいに安いんで。。。いったい私のこの30年はなんだと思うんですが

手荒れや全身アトピーで醜く苦しんで、苛められた おしゃれが出来ない、人付き合いに自信がもてないモテないとか人を容易に信じられないという弊害があったけど

だからこそ病気になって人の辛い気持ちが分かるようになってよかった!などとの感想は一切ないです(笑)そんなキレイ事やおためごかしは大嫌いです。

やっぱ疾患は絶対絶対ないほうがいいです。1か月盲腸で入院するとかの少しなら人生の良い体験になるけど。

同病相憐れむなんて絵空事です

私の経験の唯一の利点は、大変そうな人との距離感をはかるのが上手くなったということかもしれない。そこはその人の問題だから触れない、とか。

私が思いもよらないもっと大変な病歴と闘っている人に対して、適切なコミュニケーションなんて取れないし、励ましたりしたら迷惑以外の何ものでもない。(そういう驕りで近づいてアドバイスしてきた人には苦しめられてきたので実感します)

一方、身体よりも心の問題で、親身に心配ケアしてほしいという人も少なからずいます。中高年女性は特に群れて共感しあい励まし合うのが大好きです。私はそういうのがかえって疲れるので、その気持ちがさっぱり分かりません。きっとその手の障害とかなんでしょうね。今まで何度「冷たい意地悪い人」と言われたか。(しかし一部に私と似た人もいて、そういう人には好かれます)

なので同病相憐れむ人間関係も、上手くなんていきません。同病同疾患だから心が分かり合えるなんて一切ないでしょう。むしろ同病だからこそ大変です。

幸せな日々より、そこそこ楽しい毎日

疾患や疾病の治療が長期に渡ると性格が歪みます。(私のように)

でも私は、それでも楽観的で運も良い部分もある。結果的に良い夫や友達や仕事に恵まれたので。子供が(その経過のせいだと思わないけど)出来なかったということもあり、幸せな人生ではないかもしれませんが、今のところ機嫌のいい楽しい毎日は過ごせています。

私の尊敬する深澤真紀さんもご著書の中で何度も、機嫌のいい日々を送ることを述べています。深澤さんも身体の丈夫な方ではないですが、激務を上手に工夫しながらこなされています。

各種の華やかな女性誌にはパーフェクトな女性像(仕事も家庭も健康も美貌も上出来)が喧伝されています。美容院でその手の雑誌を見ていると、ギャクなのかというくらい笑いがこみ上げてきます。そんな人どこにもいないな、というのが40代半ばの実感です。

どれも上出来でなくても、適当に機嫌よく日々を送ることはできるし、現実はそうしている友人や先輩がいっぱいいるんだな、と気づくようになりました。

この先、まだまだ健康体調だけでなく、仕事や人間関係で大変な目にはあうかもしれませんが、その日一日を楽しく、機嫌よく、しんどいときは容赦なく休んでボヤいて怠けて、ごまかしごまかし、老後に突入できたらいいなと。

そういう気持ちをこれからも正直にブログに綴っていきます。

手荒れは治る 治らなければ休もう

このサプリと、あと手袋や家電、ラブレとかニンジンジュースで手荒れは全くなくなってしまった。人それぞれに病状や体質は違うので、あなたにはあなたにあった方法があると思います。

女性は手荒れがきついとホントに家事とかできなくなるし、外見的にも見苦しくなれば自己否定的になり落ち込みます。私と同じ感じで長期的に手荒れや肌荒れのつらい主婦の人は多いでしょう。さぞかしお辛いことと思います。

各種Tipsとかサプリやクリームは多少は効果はあるでしょう。今後色々生活上の工夫で、改善をしていけるでしょう。

しかし、基本的に、

疾患は身体の悲鳴なので、何よりも無理しないで休む、

ということが大事だと思います。

「この状況でどこでどう休めと!?」と叫ぶ声も聞こえてきそうです。

子育て経験がない私なので説得力はあまりないですが…。私もその叫びを繰り返してきたので、なかなか治らなかった。

休まないと、この先もしんどいですよ。同年代の方は、更年期もあるし、できるだけ、ご一緒にゆっくり、人生を甘やかしていきませんか?と申し上げたいです。

(主に)女性だけが家事子育てなどの水仕事を素手で過剰にやり、そういう仕事(飲食店の接客販売製造業)に低賃金で従事する状況。それこそが少しずつ良くなってほしいです。

オンナばっかりひどいわ!だから水仕事を男が今度はやれって!っていうことじゃないです。長期的手荒れはほんとうに辛いし、だからこそ男性だって手荒れしないのが望ましいのだから。

色々な良い家電ができて、古い因習がなくなり、良い情報が共有できる社会になればいい。インターネットで、フラットでグローバルな社会になってきているので、近いうちにきっと可能になるでしょう。女性だけでなく男性も、過剰な水仕事を素手でやらなくて済む社会になるでしょう。

愚痴や読みにくい長文ですが、以上が私の手荒れ肌荒れ経験です。

わずかでも参考になれば幸いです。