更年期から墓場まで

子梨・更年期BBAの私見偏見吐露雑談ブログです。

あのアイドルは歌をもう一度歌ってほしい。老人ストーカーはオバサンにでも来る。いや、おばさんだから来る。

変な老人もう来ないで

主婦湿疹の記事の続きを書きたいのですが

万が一、私が何か危害にあったときのために、書いておきます。(※こういうSNSやブログに書き留めておくことが証拠や防御になるとどっかに書いてあったので)

現在の営業場所は素晴らしく良い場所です。色々な人の縁に恵まれて一年仕事してきました。今度の8月で約一年お世話になったことになります。

リピーターの方も増え、一生懸命、お客様と一期一会で頑張ってきたかいがあるなあ、と感無量です。

しかし、この数日、この現場を手放そうかと本気で考えて逡巡していました。

それは、老人の付きまといです。接客業をしていたら避けられない問題ですが、、、

blogos.com

まさか、この年、46歳にもなってそういう目にあうとは思わなかった。。。

人妻、おばさんですよ。

実は若いときもそういうのが寄ってきた

昔からアトピーだと書いていて、少しも若いときにはモテなかった。ほんとです。恋愛ざたには無縁だったと書いたのはうそではないです。

でも、実は、変な人にはすごく粘着されていたんですね。

妻子持ちのおっさんとか、頭のいっちゃった人とか 風呂に入ってなさそうな人とか メンタルで病院に行ってたり仕事してなさそうな人とか

仕事帰りにつけてきたり、勘違いされたり、痴漢にはよくあった

こういうことを書くとすぐ「自慢ですか?」

”ま~ん”はイケメンに限るって言うんでしょ、イケメン金持ちじゃないからストーカーって思ってるんでしょ、と言い出す人がいるんですが

イケメンとかいうことじゃなくて、普通に接して不快にならない程度の常識や清潔感のある人なら恋愛の土俵にあがっていただいてもいいよ、って常識じゃないですか。これは老若男女問わず当たりまえじゃないですか

男は、オバサンやデブを人間じゃないみたいにバカにするのに、なんでオンナだけ、キモキチ●イヒ●キージジイを優しく温かく受け止めなきゃいけんのですか。それも恋愛だって?本当に被害にあったら訴えろとか、被害にあったら取返しつかないでしょうが。

逃げなかった断らなかったから悪いとか言うだろうが。断ってんのに、しつこく来るからストーカーって言ってるんだろうが。そうして、ま~んを責める人は、例えば更年期症状のヒステリーが爆発した時期の頭のいっちゃった46歳の私が夜な夜な電話して絡んできても同じこと言えますかねっw

変な奴は弱そうなオンナが好き

私が若いとき、アトピー持ちだったのに、いろんな頭のイ●れた人に追いかけ回されてたのは、

いわゆる電車の痴漢が 美人でなく、地味で弱そうな、逆らわなさそうな弱者を狙うというデータがあるんですね

tiful.jp

つまり、私は不細工で地味だったから狙われたわけです。

そう、単にストーキングや痴漢・セクハラする、おっさんじいさんが弱いものいじめしかできない卑怯な輩であるというだけのことです。

今や年も取って心臓に毛が生えて、他に生えてるとこも白髪で、誰も私など追いかけない、なんてラクチンなんだ、おばさん万歳!と思って生きてきたのに、、、チキショウ

一日に数人はお●しい爺がくる

現場は、沢山の人が通るし、ステキなお客様、カップルや観光客、地元の家族連れ、顔見知りも出来て、楽しくお仕事してます。

しかし、一日に数人は必ずくる。粘着していく変な人

はっきり言いましょう(差別だと言われてもいい)高齢の男性!じ●いたちが大迷惑です。

昨日は、一時間も買い物をしないで席に居座り、どうやらピュアに私を好いてくださった目的らしいんですが。ずっと自分語りをやめない。私、仕事中です。あなたがいすわっている間にちゃんとお金を払ってくれるお客様がいたかもしれない。他のお客様は暗い汚い老人が居座っているので、寄り付きません。

若い女性や外国人の集団なら、とても良いサクラになってくださるんですが。これが差別と言われるならその通り。

でも、客寄せになってくれる、清潔で明るいおじいさんもいるんですよ。ほんの僅かですが。そういう人をどうして見習わないのか。見習わないから、接客業のおばさんに付きまとうほど、孤独な人になっちゃうのね。ちゃんとした人は家族にチヤホヤされて寂しくないからね。

やんわりこちらにはこちらの仕事があることを示唆しても、帰らない。仕事してない、暇だから。

気持ち悪くて寒気がします。買い物しないなら、お客にすらなる気がないなら。もういい加減に帰ってという素振りを何度しても帰らない。

波状攻撃でじいさんがくる

彼だけではない、何人もそういう男性高齢者が毎週毎週波状攻撃のようにやってくるんですね。同じ人も、そうじゃない人も。電話を受けたりする振りをしたり、つんけんしたり、あの手この手で追い払い、ブログやFBにやってきて、延々コメントメールが来たので、ブロッキングしたのも一人二人ちゃう。

平気で私もやっている訳じゃない。私だって非常識な相手には神経がないと思ってるわけじゃない。むしろ、メンヘラほどプライドが高く被害妄想がひどく、傷つきやすいとよくよく知ってます。だから、冷たくしたり断ったりブロックするのは足が震えるような恐怖ですよ。

人生の大先輩であろう人達、レッキとした人間の男性をを無視したり、冷たくあしらい、ときには睨みつけ、追い返すなんて。老人とはいえ、いまどきのおじいさんはガタイが良くて背も高い筋肉はある。目がいっちゃってるし、当然今、仕事をしていない。年金で細々か悠遊か知らないけど、元気に暇を持て余してる。でも家族に相手にされない、寂しい。たぶん、私に会うのだけが生きがいの一つになっている。

そんな人に恨まれたら何をされるか分からない。現役で働いている人と違い、そのストーキングは一度勃発させたら、長期間に渡る上、偏執的であることはネットで見聞きしてる。

libertariansdiary.com

恐ろしさで、荒塩を握りしめながら、神様仏様、今日はおかしな人が来ませんように、彼らと目が合いませんように、おとなしく帰ってくれますように、と祈りながら現場に行くのだ。(来ますけどねやっぱりw)

春日大社でお祓いしたのにな、くそお。やっぱり来るんだな。(これで、スピリチュアルだのパアスポットやら浄化など おまじないお祓い一切効かないと身を持って証明された)

昨日来たのは、最高級にひどかった。

傷害事件があったから余計怖くなってる

この間のアイドル刺され事件も、刺されたのは、若いお嬢さんで、私は彼女の倍くらいの年齢。

齢46歳の私とは全く関係ない!一緒にするのはおこがましい!

しかし、報道を見ていたら、本当にわが身のように恐怖しました。それほど、おじいさんがベタベタつきまとうのよ。

私の絵じゃなくて、私個人に興味がある人々。彼女の歌ではなく、彼女の「性」に執着する狂人。

私はおばさんなのに、おばさんだからこそ…?

私だけでないのです、これが。びっくりされるとは思いますが。同世代の同業の人も同業でない人も、結構同じ悩みがあると聞きました。こんな生理が上がりそうな、おばさんなのにどうしてなのかな?と笑い合いましたが。いや、それでパート変わったことあるよ、と。亭主に言っても、おまえがモテるわけないだろうとか言われたわ~ひどいわよね、本気で怖がってるのにね、とか。

実は、御爺さんはオバサンが大好きです。40代~50代のおばさんの接客業の人につきまとい、毎日会いにくる人も多いようです。

団塊のおじいさんはドラマのようにはならない

昔のドラマみたいなら良かったのにな。下町のね、弁当屋みたいの。

「今日もご隠居さん来てくれたね!元気?」

「ようよう、春ちゃん、あんたの顔見ると元気でるなあ~ワシと浮気しないかいっ」

「やだねえ~はいっ唐揚げ弁当!」

「うほっこれがあるから長生きできるのさっ明日も来るよお!」

こういうの、、、、ほのぼの…ビックコミックオリジナルとかのファンシー人情寓話みたいなのね。

というようにはならないのよ。。。とほほ。

団塊の人は、枯れてないの。現役ギラギラで、もう仕事してなくても、自分が社会を今でも動かしているドリームがある。左寄りの人が多くてデモの経験がある。女性が会社の部下と同じく、ヨイショしてくれる、そしてもう一花咲かせたいという欲望がむんむんです。

ほんとうに、そんな感じの御爺様が毎回ワラワラ来ます。同じ人も違う人も。日中行き場がなくて、話し相手もいなくて、茫然と道を歩く老人たち。

誰か、誰か、俺をワシを崇めろ、俺の男根を褒めろ、俺は大企業の●●だった、会社を辞めても女たちは俺の話を無条件で聞くべきだ。あの糞嫁、寄り付かない子供たち。あのコンビニのオバサンはこの間、お札を渡すとき、手を握ってくれた。俺のことが好きに違いない。あんなオバサンだけど相手をしてやろうかな…。

たぶん、私が美人だからではなく、相手をしてもらえる、優しそうなオバサンだからです。つまり、気の利くステキな嫁扱いなんです。彼らは気の強そうな20代の女性のところには行かない、プライドが高くて断られるのが辛いから。おばさんなら競争率が低いし男に飢えているし母性で包み込んでくれると思ってるのかな、、、。

ほんとにね、今の草食系男子(ほんとの意味の)はそうは思わないでしょうが、

昔の男性って、ケアされること(家事して「もらう介護してもらう話をきいてもらう」)に異常に飢えている。飢えてだけいる。(つまり「もらう」だけで他者に与えない)だから奥さんや家族が冷たくするんでしょうけど。。女性には母性愛や女子力というものが「生来」備わっていて、オンナは人をケアすることが好きでしょうがないと思い込んでいるジイサン達。さすがにいまどきの若い女性にはそれを期待しないけど、オバサンにはそれがあると思うのかな。接客業で作り笑いが上手いだけなのに。

金を払わない上に営業妨害してくるおじいさんたち

彼らの特徴

●お金を払わない(払ったとしても、最低金額)それで一時間は居座る 一度客になっただけで、毎週、それで常連きどりでやってきて居座る

●暇 独身か妻が天国にいる

●身体が丈夫 ジムに行ってたりして、筋肉がついている

●自慢する 若いときの武勇伝 自分が芸術家で美大出ている 絵を教えてやろうとかする

●不潔 髭ぼうぼう アイロンのかかっていない服 ふけ 悪臭 もう会社に勤めてないから誰も注意しない 靴がよごれている 爪が真っ黒け

●メンタル変 認知症とか まだらボケとか 目がキョドっている

●営業場所でじ~っと立ってみている 相手にされるまで長時間ウロウロする ソープ嬢の痴態の話を大声でする 勝手に写真をとる 他のお客様を押しのけて座る 宗教政治の話をはじめる

人寄せにならないです。彼らは。気持ち悪くて、善良な良客がさ~っと逃げていく。巷でマナーが悪いとされる外国人客が天使に思えます。一時問題になっていた彼らは学習して、今やとても行儀がいいです。最近、京都に来る人は、特に富裕層、高学歴の人が多いから、英語も日本語も上手く、とても接しやすいのです。

こんな老人がこれからどんどん増えていく

こわいですよ。。。

ほんと、変なのが、まとわりつくんです。暇だから。こんな老人が世の中に溢れていって日本はどうなるんでしょうね。

変な老人が増えたんじゃなくて、老人の分母が単に増えたんですね。団塊の世代が一斉に退職したせいで。

特に男性の高齢者はこういう傾向がある。もともとマダラ色ぼけのじいさんなんて、一定量いてたんですよ。でも少ないから適当にあしらわれ、うちの舅が…とお嫁さんが愚痴るくらい。でも今はお嫁さん同居しないからね。セクハラを許したりしないし。嫁に威張り散らしたり気安く嫌らしい事をしたら、いっぺんに絶縁ですよ。

昔からいたちょっぴり困った男性高齢者が、団塊世代のせいで、いっせいに増えて、かつ社会事情のせいで、世の中に野放しにされて、町中をうろうろしてるんですね。。。。(ゾンビか…w)

一方、女性の高齢者は比較的まともな人が多いです。普通にお客様なんですね。むしろ、人生の厚みを感じて、こちらが人生のことを聞かせていただいて、教えていただくことが多くて、もっといてお話してください、と思うくらいですよ。

たぶん、女性高齢者は暇で寂しい人は少ない。孫の世話や家事で忙しいから。一人暮らしで連れ合いに先立たれたとしても男性高齢者ほど孤独じゃないんです。老いても友人を作るコミュニケーションスキルがあるから。近所づきあいとか友達とかいるんですよ。接客業の人らに寂しさを埋めてほしい、と、すがるほど寂しくないんです。

昨日はさすがに堪えた

ほんと、辞めようかと思ったんですよ。さすがに、昨日来た老人は1時間も居座った。

泣きそうでした。ほんとうに、私が何をしたというのだろうか。私が女で、一人で営業をしているから、そんなに隙があるように見えるのですか?

なんとかして追い返し、家に帰ったら、恐怖と疲れで、

今度こそ、辞めよう、と思った。

人前に出て、仕事するから行けないんだ。家でネットだけで仕事とったらいいんだ。ひきこもろう、と思った。

しかし、誰かに会わないと鬱になりそう…

ならば

女性だらけで、ワイワイ嫁姑の悪口を言うような下世話なパートの人が多い集団の職場で埋没して仕事するんだ、と思いました。(しかし、そんな同調圧力集団で、私はとうていやれるタチではない。私は結局、独立営業するしか道はないのだ)

反対にこちらが二次被害にあうだろう

きっと私に何かあれば 誰も老人を責めない起訴できない。徘徊老人、認知症ということで、あっちは無罪です。こっちが老人苛めだ差別していると糾弾される。

介護職員と同じです。老人に殴られてもセクハラされてもケアマネージャーたちは耐えるしかない。だから介護職に誰もつきただがらない。

おばさんのくせに男に媚びて愛想よくしたんだろう
自意識過剰だ
きっと化粧が濃いんだろう

スカート履いてたからだろう
一人で独立して絵なんて描くから
顔写真をブログに載せるから
色っぽい女性の絵やエロ漫画を描くから

なんて言われて、誰も味方してくれないだろう

だったらやめたらいいんだ と。思った。危険を感じたのに逃げなかったのが悪いと言われるなら、今逃げなくては、と思った。

私はオバサンで人妻なのだ!夫にいらぬ誤解を与えないためにも逃げなくてはいけない、と。

現場の責任者の人にもうやめます、て言いに行きかけた。でも悔しくて動けなかった。

独立して一年、ようやく、沢山リピーターさんついてきたのに、喜んでもらえる技術を提供できるようになったのに。

あのアイドルの子は回復して、

また歌が歌えるんだろうか。もう怖くて人前に出れないかもしれない でもどうか歌い続けてほしいと思った。

地下アイドルと調子にのっていたから刺されたと云う人もいるだろう

現場席描きを止めてどうするというのだ。以前も飲食業や接客業でも、老人の付きまといはあった。この現場から逃げたってまた、そういう奴はいる。むしろ、怯えている態度を見て、やつらはやってくる。かつてオバサンパートの多い職場でもセクハラ野郎・付きまといジジイはいた。困っていた。で、モテ自慢かと言われ誰もかばってくれなかった。

これからも逃げて逃げて、閉じこもっていたらいいのか?

自分で自分を守るしかないのだ。怖くても。立ち向かうしかないのだ。今、解決するしかない。

負けたくないな

そんなの悔しすぎる。今まで私にお金を払ってくれた優しい温かいステキなお客様にも失礼だよ。10人のうち1人の割合の変な人のために、その人達の信頼や愛情を裏切るのか、自分。と思った。

だから逃げないよ。変なのが来ても来ても、いつも接客笑顔で追い払っていた。もう追い払えないと昨日思ったけど、もう一度頑張ってみたいと思った。

ええ、意地ですよ、意地。

だってさ、今、私が老人ストーカー怖さに逃げたら、この先、私は言うだろう。同じ悩みを抱えている若い子が相談してきたら、必ず私は言うだろう 意地悪な魔女のようなシワで笑いながら言うだろう。一見、その娘の味方のような優しい声色で言うのだろう。

「あなたが悪いのよ、
そんな風に唇が赤いから。
若くてキレイなオンナなんだから
一人で旅に出るのがいけないのよ。
堂々と立っているのがいけないの。

オンナはいつも群れて隠れていないとね。」と。

そんなこと言う人間になんてなりたくない。そんな人達がいっぱいいる。女性たちは集団で、唇の赤い女性を責めたてる。責めたてられて仲間はずれになった娘。弱ったその娘をこれ幸いとズルイ男は目ざとく見つけて喰い尽くすのだ。

だから、悔しいけど、彼らは人間じゃない、貧乏神だと思うことにした。今までは、年配の人は、大事にしないと、と思って接していたけど、もうしない。そんな目で見るのは辛いけど。お年寄り弱った人を大事にするのは当然だと思って生きてきたので。(もちろん、ちゃんとしたまともそうな人は大事にしますよ!)

老舗のメーカーが外国人を見たら警戒するのを嫌だな、と思っていた。結局のところ、私も偏見で見るしかない。接客業はこうしたものなのだ。私が甘かっただけなのだ。キツいけど慣れるしかないよね。

もちろん、若い変なのに追いかけられる若い女性は、対応の仕方が違うかもしれないけど。。私には老人が来るので、それなりの対応策を練るしかない。

あの手この手でもう一年、営業してみよう。もう百人きたら百回追い払おう。そのうち、老人ストーカー追い払いのプロになって、本でも出せるかもしれない。(その前に、実質変な目にあったら、ルポを詳細に書いてPVを稼げる美味しいと思うしかないw)

記録しておきます

そして、今後の用心のために、こうしてブログに記録しておく。いちいち。

そうしたら、きっと何かあったあと、家族や亭主は友人は見てくれるだろう。そして、だれか、僅かでも私の名誉のために口添えしてくれる…かも…しれない!?

今でも、レイプされた 痴漢にあった、刺されたのは オンナ自身のせいだ という論調が多数なのだ 名誉殺人されたとしても

夜に歌を歌っていたから 絵を夢中で描いていたから 美しい服を着ていたから 男に媚びを売っていたから 愛想よくしていたから 笑っていたから 笑顔が人を惹きつけるから …オンナであるから 

攻撃されても仕方ない、と。

その言葉を私が誰かに言われたとしても、私の好きな人は私をそんな風に思わないでいてくれますように。そして、その言葉を私がこれから先、自分自身にも誰かに向かって発することがありませんように。

※深夜の一人歩きや超ミニスカート履いてたら痴漢もやむなしの部分もあるでしょうが。タレント・パフォーマー的な活動営業したらストーカー必須なんて風潮は許してはいけないです。

matome.naver.jp

logl.net

最後はあの小町▽

年配のストーカー?に悩んでいます : 生活・身近な話題 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

「ま~ん」らしい自意識過剰かつ、でもでもだって文章が鼻につきますが、最後は警察の御登場で少し胸がすく結果に。これを読んでるクソジ●イは明日は我が身と覚悟しろ。私も交番に相談しようと本気で考えております。