更年期から墓場まで

子梨・更年期BBAの私見偏見吐露雑談ブログです。

来るもの拒み 去る者追う 笑

見返すと

この数日のブログでの自分のストレスの吐き具合がおそろしい…ww

我に返ると、なんて性格が悪いのか、、、と思います。読んで気分が悪くなった方ほんとにすいません。しかし、書いたことで、けっこう落ち着いてます。少なくとも、イライラ不満に「なんで私ばっか!なんで皆私にばっか!」なんてブツブツ独り言言うことはなくなりました。(考えてみたら、その姿は自分のかつての母親そっくりで嫌になる)

かつての自分のオカンそっくりに

ちゃんと吐き出さない自分のせいなんですよ。忍耐できない受け入れられないせいじゃない。吐き出す、出してバランス取らない自分が悪い。ため込むと母親そっくりに不満ばっかグチグチ言うようになる。吐き出すのがいいかというと、他者、家族や友人、パートナーに愚痴こぼすのはもっといかんと思う。相手をゴミ箱にしてしまうことだから。上手に愚痴言う人もいるし、たまには少しぐらいならいいとは思うけど、我が母親が娘にこぼす愚痴は数時間なんてものじゃなかった。我が姉もその体質を受け継いで、年に一度、ものすごい長い心神喪失した電話かけてきます。ほんとトラウマになるほど迷惑なので、私は他者に愚痴こぼしたくない。文章、ブログに書くのは誰にも迷惑かけないし(たまに関係者に感づかれそうになりますが)ホント、すっきりします。

更新しないで、ためておくと、やばい。

王様の耳はロバの耳ブログ

こうして、こちらの闇wブログで定期的に内面を吐露したり見つめ直したりして文章化しないと

あっちの健全なブログに影響が出て、健全な営業に影響しちゃうのだ。笑

もちろん、健全なブログに書いていることが建前というわけではなく、あっちだってホントの私です。明るくて親切で優しい私も本当の私なんです。(自分で言うか笑)

本音と建前って言うけど、建前が嘘ということではない。両方をバランスを取りながらみんなやってるんだろうな、と思います。おばさん、おじさんは特に。

京都人がイケズっていいますけど、このバランスの取り方が絶妙です。ぜったいに彼らは人前で激高したりしませんから。上手にやんわり断り指摘して距離をジワジワ取る。見習いたいと思っております。

とりあえず毎日記事は書いていこう

暇を見つけて、アメブロの似顔絵ブログ、こちらの闇ブログ笑 のどちらかを平日毎日更新していきたいと思っております。

昔は、インプットしないとアウトプットできないと固く信じていましたが、違うのではないかと思いはじめました。アウトプットしないとインプットできない、というのが始まりではないかと。

ややこしい、にわとりが先か、卵先か。新しい酒は新しい酒袋へ

古い何かを吐いたり、記録したり、表現したりしないと、新しい情報や人間関係は、入ってこない

ちょっと勇気がいる

こんな風に、人間関係、誰か他人を切る(切る、という表現が非常に傲慢ですね)と一人になってしまい、寂しくて孤立してしまうのではないかと一時期恐れていましたが

ちゃんとNoということで、ある層には我儘な人だともちろん思われるんですが、ある層には正直で毅然として好ましい人だと映るようです。(しかし、あれもこれも嫌だ嫌だ思い通りにならない、と切っていたら、さすがにホントに社会の迷惑者になるだろう)前層は同調圧力の強い付き合いたくない人達で、後層は、自立心の強い他人を甘やかさないでも他者の考えを尊重する人達。後層がこれから親しくなりたい人々なわけです。

じゃあ、しんどいけど、大変だけど、まずは前層を革袋からご退場してもらうしかないかな。Noと言ってみるかね。と。

迷惑者と思われたらどうしよう、と思うから、多くの人が嫌な人間関係を整理できないわけです。自分が悪人であるかどうかより、悪人と「思われたら」どうしよう、という心理。人にどう思われるかっていう観点を捨てさえすれば結構楽になれます。相当嫌われたり変人扱いされる覚悟は要りますが。

とはいえどこかで妥協

しかし、人間関係なんて嫌なことの方が多いので、ある程度は、妥協して受け入れなくてはならない。好きなことで仕事!とかネットには情報が溢れていますが、そんなわけはない。

その好きな事!とういうのが人にチヤホヤされることだったり、暴言を吐いたりして許されるということではない。

している内に好きになる

たとえば、掃除なり家事なり営業やレジ打ちだろうが、キーパンチャーだろうが、そんなもの最初から好きな人などいない。いやだな~と思いつつ、一生懸命やるうちに、それが好きな事に徐々になっていくのです。

▲経理業務している人も、慣れるまでは貸方借方とかそう好きじゃなかったと思うんですよ、、、毎日死ぬほど電卓叩いているうちに、見るものすべて会計みたいになってるくらい、経理好きな人っていました。

私の好きな事は

私も告白しますが、似顔絵描きがそんなにやりたくてやりたくて仕方ないことではなかった。年齢や身体のこととかあって、普通の飲食店のパートとかやりはじめたら、手がひどく荒れたり体調が悪かったりして、辞めざるを得なかった。私のスキルは、絵しかなかったわけです。

それも、ずっと描いてきたわけではないから、長いことやってる絵師さんにはとうてい劣ります。しかし、それが職業と決めたら、頑張るしかありません。頑張っているうちに好きになった。

ほんとの本音で私が何を好きかというと、寝ることと食べることです。これに共感していただける人は多いことと思います。

もうずっとそうです。今この瞬間もそうです。GWや土日なんて美味しいものを食べて家事もせずにゴロゴロしていた~い!しかし、かせぎ時に頑張らなきゃ、お銭が入らないから足腰を自ら叩き、笑顔をひねりだし営業する。笑っているうちにホントに楽しくなってくるから不思議なもんです。そういう職業人は多いと思うんですが、そうですよね?

私とは違い寝食よりも絵を描くのが好きという人は業界にとても沢山いて、本当に尊敬しています。

怠けるのが何よりも「好き」な私が、仕事なんだと割り切って、寒い日も暑い日も、人に会い、メールを受け、サイトを作り、どうしたら私の絵で喜んでいただけるだろうか、お金を払うに値するサービスが提供できるか考えているうちに、好きになった。お客様の顔を見るのが本当に楽しくなったのです。

社会に不適応である

しかし、人間関係においては不得手で。たぶん、気が付かれたと思いますが、はい、長い間、いじめられっこでした。内向的で。絵を描く人間には多いです。アイアムアヒーローの英雄みたいなもの。学校でも職場でも家庭内でもパシリ的スケープゴート的、いじられて笑われても、仲間に入れてもらえたとかヘラヘラ笑ってトイレで泣いておりました。

子供が出来なかったのは辛かったけど、ママ友PTA関係なんて、上手くいかないにきまっているので、それだけが救いでした。(しかし、最近は職業柄、ママたちに会っているうちに、そういう私に似たタイプの女性はたんまりいて、地味に共感しあいそうして地味に友達が少しずつ増え、あれ、私はママ友相手も意外にいけたのかもしれんとか思いはじめました)

プライドだけは高かった

自分が弱いというのを認めたくなかったので

記事の題名とおり「来るもの拒まず去る者追わず」という主義でいたのです。

この一文は、悠然とした上から目線でいて、一見かっこいいですが

要するに、人間関係を努力しないよ!という放棄宣言、ですよね。。

私は、人間関係で何も考えず努力もしないで、来る者はこばまないでいたらから、こんなことになったのです。来るもの全員受け入れていたら、大変なことになる。オトナなら当たり前のことなのに、それが出来なかった。必要とされるって嬉しいな、なんて思っていた。単に利用されている場合の方が多いのに。(他者を利用したい人は、抜群の嗅覚で依頼心の強い受動的体質の人を嗅ぎ付けます)来るもの拒まず去るもの追わずって、自分が傷つかないための詭弁でもあるんですね。自分が気に入った相手でも気が合わなくて去られることがある。恋愛もそうで、受動的で何もしなければ傷つくことはないから。別にそれでもいいっちゃいいんですが。

来る者は拒もう 去る者は追おう

能動的な立場を採る方がきっと毎日楽しいはずだ。自分で選び考え、思ったことを伝え、相手の思ったことを聞いて、傷ついたり傷つけたりして。積極的に人間関係を構築しよう。

考え、対話し、相手が自分を選んでくるように、私も相手のキャラクターを伺いながら親しく距離を縮め、あるいは距離を置く、という作業を繰り返すべきだ。来るものは拒もう(選ぶ)

そして、去る者は、追おう。

追いかけていくこととは

それは、ストーカーみたくつきまとう、ということでなく、大好きなもの尊敬するもの、そうなりたい人や世界をもっともっと好きになって、「追っかけ」をする。その世界に追いつくよう、頑張る、ということです。

自分が好きな世界は、絶えず努力をしている人が多い。他者を貶めず、ちゃんと理想があって、それにコツコツ邁進している。(意識高い人は自分で意識高いとか言わないし、カリスマの人は自分でカリスマとか言わない)

そういう人らに、おっ!て見てもらえる、そして、完成度の高い仕事や作品を作ることが、「追う」ことなんじゃないかな、と。

受け身ではいけないわけです。アウトプットして、出して、入れて新陳代謝しよう 来るもの拒み 去る者追おう

あ~ちょっと書くつもりが長く書いてしまった。文章を書くというより、ブラインドタッチが好きなんだな、私。先日、スマホの入力が何より好きだという人がいて、なんてメンドクサイものに!と、目を見張りましたが、キーボードだって同じわけです。私にとって一番気軽な文房具なんですね。キーボードは。だからタブレットとかも特に欲しくないなあ。