更年期から墓場まで

子梨・更年期BBAの私見偏見吐露雑談ブログです。

JR敦賀駅のトイレにある しょんべん小僧

電車で文庫本数冊とオヤツを持って、電車で延々行くのです。

梅田方面は、人が多くなって、電車のすわり心地がよくない。なので、京都・滋賀方面がいいです。

特に湖西線経由で延々行くと回りの席には人が少なくなり、景色は、琵琶湖と山が連なり、素晴らしい電車旅行を楽しめます。

基本、こちら(関西)から行く、終点は、福井県の「敦賀(つるが)」駅に決めています。敦賀から先はJR西日本からJR東日本となり、ICOKA(イコカ)(関東で言うスイカに当たるものです)が使えなくなり、料金支払がややこしくなるので、敦賀で降りるのです。

大阪から、2時間くらいでしょうか。

昨日の日曜、行ってきて、降りたら魚市場にも行ってきたんですが、そういう観光写真のようなものは残っていません。

JR敦賀駅のトイレのわきにあった 小便小僧「敦ちゃん」を撮影したのみです。

我が市の駅もたいがいなもんですが…これは…

予算をわざわざ投じて作るべきものなのでしょうか。

最近、JR敦賀駅は、北陸新幹線の開通にむけて、大リニューアルがなされ、美しいエントランスと建物に変身しました。 大雪の中、電車を待つとき、以前なら身を寄せ合うように座っていた、小さなベンチ。それがなくなり、明るいインフォメーションと、レストランと見まごうばかりの美しい、テーブルとイス。

以前の昭和の雪国のような駅も風情がありましたが、今や、輝くような近代的な駅舎となっています。

もちろんWiFi完備。 ホテルのコンシュルジュのような、お姉さんたちが 「敦賀へようこそ!」と出迎えてくれ、観光案内してくださります。

新時代の北の玄関にふさわしい…。

なのに…トイレに行ったらこの小便小僧…

ありきたりな ゆるキャラより、おおっと思うんですが…

今の季節は涼しげでいいですが、冬はほとんど大雪で覆われる敦賀駅。

冬場には彼の頭には雪が積もることでしょう。

極寒の中このスタイルに子供がショウベンしてたら幼児虐待だと文句がでないんでしょうか。

島根県に飾られたミケランジェロのダビデ像は、そのあからさまな成人の証と寒そうなお尻を覆い隠すため、地元で反対が起こり、パンツまで毛糸でこさえるオカンがいたとのことですが

この敦ちゃんはいいのでしょうか?

心なしか ひどく怨みがましい顔をしています。

地方自治体のハイセンスな着眼点にはぶっとびます。

見えにくいところにあるんですが、敦賀駅の公衆トイレのわきにあります。

お越しの方はぜひ記念撮影を!