更年期から墓場まで

子梨・更年期BBAの私見偏見吐露雑談ブログです。

喰い鉄551

だいぶ更新に間が空いております。最近ありがたいことに似顔絵の発注も増えておりまして、少々多忙にしておりました。朝か夜の8時台に更新できたらよし、というスタンスでおります。

私は電車好きなんですが

いわゆる撮り鉄や乗り鉄というものではないし

強いていうなら、電車に乗りながら美味しいものを食べたり本を読んだりするのが好きな部類です。

そういうのは何ていうのだろうか

食い鉄とでもいうのかな?と思っておりましたが

駅弁鉄というのもいはるし、いわゆる「食い鉄」というのは、行く先々の駅で美味しいものを食べる人らしい。(観光をかねたようなもの?)私のように、乗りながら食べるのだけが好きというのは何というのだろうか。もちろん空いた車内、BOX席に1人だけの場合などに限り、蓋つきの飲み物、キオスクで売っている車内で食べれそうなオヤツですがね。京都だと小分けにした八橋が売ってます。美味しいですよ。八橋と熱いお茶。

よく見ると、電車の車内でものを食べるのが好きという人は沢山いると思うのです。観光地行きの場合はそりゃ弁当を広げたりするけど、普段の電車でも、乗ったとたん、何か食べる人は多いと思う。

乗り込んだとたん孫と一緒に、アンパンを一つづつ食べはじめる人。カップ酒と裂きイカのおじさん。小さなスイーツを食べるOL。お母さんが作ってくれたバクダンおにぎりを抱えて食べる中学生。

以前、敦賀方面に雪見をかねて乗っていたら、カバンから美味しそうなものを出しては食べるおにいちゃんがいた。まとめて広げるのではなく、最初はおにぎり、次に柿の葉寿司、次に大判クッキー、次にレモンケーキと…。いったい彼の食事はいつ終わるのか、と次第に興味がわいてきました。まわりを汚さないように、単体で食べれるものばかりをリュックから出すのには感心しました。鉄道雑誌持ってはったので、鉄道好きの人なのだろうか。旅慣れ食べ慣れしている雰囲気でした。

この夜の電車で551の肉まんを狂気ともいえんばかりに食していたオッチャンはよほど食べたかったのだろう。その日、彼には何があったのか。どんなストレス?喜び、悲しみ?人間関係?両手にかかえて、袋には3つばかりの、あのニンニクと肉の香りただよう肉マン、次から次へとたいらげる。

サラリーマンなどの帰宅時にあたるので、同乗していた人はもう、あからさまに不快の視線を向けてはりましたけどね。私は、美味しそうでいいなあ、と思いましたが。最近は鉄ちゃんのマナーが悪いと言われております。喰い(?)鉄も周りの人の迷惑を考えて楽しみましょう。