更年期から墓場まで

子梨・更年期BBAの私見偏見吐露雑談ブログです。

京都西陣 静家(せいけ)さん ゆば尽くし膳をいただきました

ゆばゆばゆば…!

湯豆腐・懐石・抹茶に湯葉…人が京都に夢見る料理がある。

かねてより食べたかった、本格的な湯葉(ゆば)のフルコースをいただきました。

京都は西陣、静家(せいけ)さん

ゆばの豆乳 汲み上げゆば

ゆばの豆乳はすっきりとして甘い。わさびに付けて食べる湯葉は、豆腐を優しくかつ濃くしたよう味。

うっま~!!しょっぱなからガンガンきます。お皿と湯葉の白さの取り合わせにもうっとりします。

豆乳スープ

豆乳のポタージュ。中には春らしく、蕗のとうが。じわじわ~っときます。

季節の八寸

これ、ほとんど湯葉料理。ひえええ。芸が細かいうえ、味もそれぞれ個性がある。飽きない。すごいです。

こんな隅々まで美や味を追求して、すごいな、という一言です。これぞ、手仕事の日本、京都。

湯葉のしゃぶしゃぶ

濃い豆乳の中で、湯葉をしゃぶしゃぶしていただく

トロリとした液の中の湯葉の不思議な歯ごたえがたまらない。

その豆乳に、にがりを入れて、自分で豆腐を手作りする、というものすごい趣向。

私、湯葉と豆腐の違いも知りませんでした。湯葉は豆乳が熱変化して出来る上の部分(ホットミルクの上のあれと同じ)、豆腐は豆乳に「にがり」を入れて固めたもの、です。

このお店は、湯葉の専門店なのです。

ゆばのお造り

一体どんだけ湯葉のバリエーションがあるんや…と驚嘆を通り越してしまった頃、出てきた、この刺身。一番美味しかった。歯ごたえ、甘みといい…。絶品や…コースの中間でこれをもってくるとは…。

湯葉のステーキ

終盤に、バターを陶板の上にひいて、湯葉をコンガリ焼いていただく。ぷく~と膨れて美味しい…。

湯葉の炊いたの

京都ならではの出汁味がたまらないですぜ、奥さん^^

豆乳プリン

全部、お豆さん、湯葉やから、優しい味で

かなりの量があるのに、いくら食べても胃もたれせず、身体がスキッと浄化されるような美味しさがありました。

京の湯葉屋さん

この湯葉をとことんまで追求した静家(せいけ)さん

ミシュラン星を取ったこともある、京都の「おもてなし」の本懐のようなお店。豆腐のようなきめ細かいお肌の京美人の女将さん。彼女が語ってくださったお店の歴史の興味深く面白いこと。

お店の歴史は、織田信長の料理をしていた人にまで遡るということです。

まさに信長のシェフ!

静家(せいけ) 西陣店