更年期から墓場まで

子梨・更年期BBAの私見偏見吐露雑談ブログです。

京都 嵐山モンキーパークへ行った記 その7

嵐山の猿は、大人しくて優しいなんて、嘘やん!としばらく憤慨してましたが、よく考えたら私が悪い。やっぱ現在の髪型のせいだろうなあwそして、私は、近所の犬猫に嫌われている。私は好きなのに。好きなのに。私から何かナワバリを侵すような獣くさいオーラが出ているのかもしれん。

猿にしてみたら、見られている、というだけで「敵対行為」となるのでしょう。

せいいっぱい笑顔で好意を示したのにな…。大好きになったから、また行こうっと♪

=============

猿にはたぶん笑顔=好意ということが分からない。

以前NHKスペシャルで「ヒューマン」というのがあった。それによると、人間だけが「笑顔」というコミュニケーションを持っているらしい。だから”人間”なのだと。

湾岸戦争だったかアメリカ兵がイスラムの民衆に囲まれたことがある。最悪の状況。皆、言葉は違うので、通じない。そのとき、米国側のリーダーが「笑顔だ!笑え、笑え、ともかく笑え!」と命令した。アメリカ兵は銃を捨て、顔全体で笑顔を無理やり作りまくった。

ニカニカニカ、あははヽ(=´▽`=)ノハロー わははは

…あれ?白人だけど笑ってるぞ?

敵じゃないのかな?

ははは、わはははヽ(=´▽`=)ノ\(^◇^)/

…味方みたいだぞ?

おおフレンド!友よ、あはははははは  うははははは

\(^◇^)/ (○o^○)\(^◇^)/(=´▽`=)\(^◇^)/ (○o^○)\(^◇^)/

(=´▽=)\(^◇^)/ (○^o^○)\(^◇^)/(=´▽=)

何ということでしょう!イスラムの人々も笑顔になり、たちまち、緊張の関係は解けたという。

人種や言葉、習慣が違えども、笑顔は世界共通項。笑顔、というのは人間だけが持っている習性なのでした。(犬や猫も笑顔っぽいのですが、それはどうなのでしょう?)

猿には”スマイル”は通じないんだな。だったらどうやって仲良くしたらええのやろ。どうしたら好きだって知ってもらえるのやろう。通い詰めて、餌を買い込み、顔を覚えてもらうしかないのかな。奈良の鹿にも同じパターンではまったな。鹿は私の顔など覚えるわけないのだった。