更年期から墓場まで

子梨・更年期BBAの私見偏見吐露雑談ブログです。

映画「鍵泥棒のメソッド」

堺雅人 香川照之、という名前を聞くと

伊坂幸太郎原作の「ゴールデンスランバー」を思い出すのだけど

同じく、堺雅人が信念があるんだか、ないんだか、走り回り逃げ回り、しっちゃかめっちゃかになって 深刻な感じで大真面目なんだけど、あの飄々とした立ち姿。

その様に癒される。

昨日ビデオで「鉄道員(ぽっぽや)」を観たのです。なので、高校生の広末涼子が、こんなに、大人になって…。とつい涙したことでした。父娘愛がこの作品にもあり、不器用でピュアで、ハートをズキュンと打ちます。

森口瑤子は、被害者を装いながらしたたか、という女性特有の二面性のある演技が上手い人で、今回も感心しました。

荒川良々が良かった。

ほんわかする映画でした。

鍵泥棒のメソッド

鍵泥棒のメソッド

鍵泥棒のメソッド