更年期から墓場まで

子梨・更年期BBAの私見偏見吐露雑談ブログです。

映画「リンカーン」

リンカーンって誰だっけ

あまりに更新してなかったのでワードプレスの使い方も忘れてしまった。すいませんね。明日の朝から「饅頭の息子」の更新をスタートします。

久々の休みは映画三昧。まずはリンカーン

人民の人民による…というアレやね。

桜の枝を折ってお父さんに告白した正直少年の話やね。…って違うか。映画はそのワシントンの正直清廉潔白とは対照的なリーダー像。理想とその実現のために強かにかつ粘りに粘ったズルい男の物語。

奴隷制度を廃止するため、多くの反対を抑え込んでいく、根回しもとことんするリンカーン。正義の塊な歴史像とはイメージが違う。

今でこそ、奴隷制度なんて非人間的!って当然のように思うけど。当時はそれが南部の経済の要だった。無料でこき使い子供を産んで使い捨てられることのできる労働力=黒人がいれば原価はいくらでも安くなるじゃない。それがアメリカでは200年も続いていたのだ。リンカーンは奴隷制というそのアメリカの暗部を何が何でも根絶しようとする。

理想より現実的実現を!

ようやくもんじゅ止まった。やれやれ。ヒステリックに全て同時に停止すべきだと騒ぐ人々もいる。そりゃ当然。それは正義、正しい。でも現実にそれをしたらどうなる。やめてどうする?それで現実に飯を食っている人が沢山いる。多くの人が路頭に迷う。全部を完璧な理想の実現を求めすぎたら一つもかなえられない場合もある。現実的であること、目に見える具体的な解決策と正義は時に相反する。憲法9条は素晴らしい。戦争はダメだ。それは正義。幸福な国平和な国、必要。それは正しい、それが理想。しかし、正しさだけでは動かない。

羅針盤は北を指している。しかし、その途中で沼や山や川など、どんな障害物があるかは示してくれない。目的地に着くまでに沼に沈んでしまうかもしれない。

リンカーンは奴隷制度廃止という羅針盤ただ一つに的を絞り、テコでも動かない。妥協やズルも上手くやる。敵にも頭を下げまくり、報酬的なものも用意する。う~ん、これがリーダーというものかあ。ただ一点突破。そこに重点を置いて、全力を尽くす。

情の深すぎる奥さん

奥さんがすごい。亭主が国家の一大事に動いているのに、昔の悲しみを延々と述べて、騒ぎ立てる。このクドクドしさ。女側からのDVって言っちゃ悪いがそんな印象すら受ける。

しかしだな女の性癖として、めっちゃ分かるわあ。忘れらないのよね。あのとき、アナタは知らない振りしてた、私の悲しみに共感しなかった!アナタのせいよ、ひどいひどい、と攻め立てる、そうせずにはいられない辛さ。

人は誰しも重荷を背負っている。自分で軽くするしかない。

とリンカーンは言う。その通り。この映画ではそんな妻の女々しい感情表現に多く時間を割いている。歴史の一大事と、女性のヒステリーが同列に扱われるなんて喜劇じゃないか。そこに最初は違和感を感じていた。モーツアルトの妻みたい?

しかし、そんな卑近ともいうべき肉親の情の喜怒哀楽こそが、生きる喜び、平和の原点なのだ。多くの兵士の命より、我が子の幸せと命を思わずにはいられない。アメリカの民主主義の根幹はその家族愛にあるんだろうな。

悲惨な南北戦争

内乱だもんね。南北戦争ってのは。自国の国民同士が殺し合うこと。その悲惨さ残酷さが画面に映し出され目を覆いたくなる。韓国の人がいつまでも日本を怨んじゃうのは内乱状態が終わってないからもあるんだろうなあ。例えるなら日本で、大阪vs東京で戦争して殺し合うみたいなの?そんなの絶対イヤだ。

アメリカ南北戦争が起こったのは奴隷制度のため。この奴隷制度廃止をリンカーンが諦めさえすれば悲惨な内乱も終る。そんな状況が何度もあった。現実、奴隷制度は嫌いという感情を持っていてもそれを現実に廃止することは出来ないという諦めを多くの人は持っていた。必要悪みたいなものとして。しかし彼は頑固になんとしても現実的な奴隷制度廃止にこだわる。何万人もそのために死んでも、我が子を戦争にいかせる羽目になっても。だからある側面では彼は稀代の悪代官かもしれやぬ。奴隷制度廃止のために、アメリカをグッチャングチャンにしまくったのだから。

そうして、その南北戦争の大量の武器が日本に流れて、明治維新に至る、と。

「永遠の0」を最近読んだ。やっぱね、若い子を人間爆弾、社会を挙げて仕立てあげてしまうのって、怖いよ。息子に死なないでと叫べる、うちの子だけは連れていかないで、嫌だ嫌だと泣ける国である方がいいな。エゴが言える社会って平和で幸せなんだ。

ところで黒人に選挙権与えたら、婦人にも参政権を与えなきゃいけなくなる、とんでもない!と大騒ぎする場面がありました。そ~かあ、アメリカでは女性は黒人以下だったんだな。女性の参政権は1869年にアメリカ合衆国ワイオミング州で実現したとある。南北戦争終結の数年後。まさしく予言だなあ。

リンカーン