更年期から墓場まで

子梨・更年期BBAの私見偏見吐露雑談ブログです。

渡辺謙 許されざる者 感想その1

夏が終わる

台風18号が関西を直撃し「八重の桜」で西郷さんが武士の世の終わりを告げ

半沢直樹が「百倍返し!」と叫び、「あまちゃん」が最終週になり、

私の夏は終わりを告げようとしていた(?)

10月からは新たな朝ドラがスタートするわけなんですが…どうなんでしょうか。杏が朝ドラ

タイムスクープハンターや妖怪人間のベラは大好きだけど あの重厚な美女が朝から登場して大丈夫なんでしょうか。

夏菜や尾野真千子といい、NHK大阪局の朝ドラはコアである。今回も賭けに出ますねえ。

杏は暗いが面白い。暗いが儚げではない。貪欲な生命力がある。何があっても生き延びそうだ。草を食べても泥を食べても。来期の朝ドラは食欲グルメがテーマであるという。ある意味ぴったりだ。

この杏のバターのような暗さ、それを更に煮詰めて飴色にし発酵させたのが、その父親である。

杏の濃厚さは父譲りともいえます。

渡辺謙という俳優

クドカンや三谷喜劇、朝ドラに絶対、登場しえない俳優がいる。

今や世界的俳優となった、杏の父親、渡辺謙

日本人離れした体格と容姿。そこに加えて、波乱万丈の過去。大河ドラマの主人公となり大人気となるも、病に倒れ、復活し、ハリウッド。家族との軋轢などドラマチックな人生。

想像してみてください。「あまちゃん」に渡辺謙が出ているところを。

たぶん、彼ならどんな喜劇も真剣に演じるだろう。しかし考えただけで涙が出てきそうになる。存在感がキツすぎる。浮く、どころじゃない。その笑いの奥に、どんな日本、世界、宇宙、戦争、災害、病、憎しみ、悲しみが隠れているのか。

世界の悲しみのすべてを背負っているような、十字架俳優、それが渡辺謙である。

携帯のCM広告などに登場する渡辺謙考察

北大路欣也は重厚だが、声が白犬、コミカルで明るい。役所広司も重いが、ダイワハウスのコメディを十分演じて面白い。何より三谷喜劇の看板である。

ソフトバンクやAUに比べドコモの売上の伸びは悪かった。その理由のひとつに、私ごときが言うのは大変失礼だが、渡辺謙のせいもあるのではないか。

すげえ面白いんですが…

ダースベイダーと渡辺謙…w

重いものを更に重くしてどうすんだよ

スマフォや携帯は今や若者のものではない。年配者にドコモはターゲットを絞りつつあるのは分かる。しかし、年配者は、そう仕事にスマフォを使わないのよ。むしろ、年寄りこそ、携帯にかっこよさとか、アソビ心が欲しいのよね。若者にコンプレックスがある分。渡辺謙はパソコンやスマフォを一本指で必死に泣きながら触っているような気がするよ。

このプレゼン女子に登場している渡辺謙もすごい。つまり、渡辺謙のような仕事の出来るオジさんがピッタリ張り付いてあなたの仕事をサポートしていると言いたいのでしょうが…

ウザいw

こんな心配性なオジさんが付いてまわるのはゴメンこうむる。スマフォを擬人化するのはいいアイデアですが。渡辺謙がそばにいると思うと落ち着かない。落ち着かないよ!スマフォでリラックスして遊んだりLINEでおしゃべりしたいのに、門限を煩く言う重厚なパパ!

他に渡辺謙が出ている広告といえばシロタ菌、車に酒…どれもイマイチぴんとこない。

や…渡辺謙さんのワルクチが言いたいのではない。むしろ、すごい人だと言いたいのです。紫式部が清少納言に成りえないように。

数分のCMを大河ドラマにしてしまう渡辺謙。彼の重厚なカラーに全て染めてしまう。それほどの存在感なのだ。

すべてをリアルな荒野に変える名俳優

渡辺謙の悲劇的な存在感は、すべての事象をローマのコロッセウムに変えてしまう。

あの「ラストサムライ」。時代考証もめちゃくちゃで、どこの少数民族かという変な村が登場し、不思議なコスチューム、忍者は出てくるは、ちょん髷は妙ちきりんなポニーテールだわと、ハリウッド最高のハチャメチャ時代劇ですが

渡辺謙のせいであんな時代と光景が日本にあったのかもしれないという錯覚を起させた。

今回の「許されざる者」も

幕末の北海道ってあんなだったんかい?ああだったような気もするけど…と思いつつ

が、渡辺謙の存在感が全て打ち消した。

記事がまた長くなりそうですね。続きは明日。