更年期から墓場まで

子梨・更年期BBAの私見偏見吐露雑談ブログです。

京都桜ふぶき 柏屋光貞さんの店主の中川さんの個展に行かせていただきました^^

京都はあっ!という間に桜の世界。鴨川べり、町中、どこもかしこも桜だらけになってしまいました!

本日は、銀閣寺、白川の疎水べりをテクテクテク歩いてですね。

かねてより楽しみにしていた個展に行ってきましてん。

中川夕津也さまはですね…、あの京菓子の老舗、「柏屋光貞」さんの10代目、店主さんです。

おなじみさんに、こういう季節のハガキを送ってくださるんですね~。ステキでしょ?手作りの木版画なんです。

モダンなんだけど、ちょっと懐かしい。

今京都で琳派何百年とかやってるじゃないですか。ああいう、抽象美に通じるフォルム、ディティールです。

Tシャツにしても売れるような、先進的な気風を感じます。ウェディングもあったんですよ。ああいうウェディング、すごく若い人欲しいんじゃないかな?

ハガキの下に毎月、季節のコラムが載っているのが、これまた楽しみ。京都の老舗ならではの、伝統やしきたり、風習などを、面白いウィットに富んだ文章で綴っておられます。

このハガキを毎月送ってくださるんですが、そろそろかな?そろそろかな?と心待ちにしています。

そういうコアなファンは私だけではないようで…

ついに、そのハガキを蒐集されている画廊さんが、個展を開くことに!

真ん中に、あの銘菓「おおきに」が置いてあるのが心ニクイ!

もう、すごいステキな方なんですよ、中川さん。人柄といい、その作品といい…。

京都の趣味人、議員さん、文化人の方にもファンが多いようで、会場におられる中川さんと話したい人がいっぱいきてはりました!

私のような、一介のテキトー絵描きにも温かく会話していただけて、めちゃ優しい~嬉しい!

ずっとファンでいるので、いつまでもお元気で、美味しいお菓子と、版画アートを作り続けてください!!

私も柏屋さんみたいな、モノづくりと接客がしたいです!

4月5日で終了です。

アートライフ みつはし

京都の哲学の道、銀閣寺道で桜を存分に楽しみながら、こんな版画アートはいかがでしょうか?

▼途中の道にかわいいお地蔵さんもいたよ!