更年期から墓場まで

子梨・更年期BBAの私見偏見吐露雑談ブログです。

滋賀県木之本町の黒田官兵衛に対する土産商品開発への情熱がすごい

滋賀県木之本町の駅に、いきなり、官兵衛なりきりパネル(こういうの何ていうんでしょうか)があって驚きます。

姫路の人だと聞いていたのに、なんで黒田官兵衛が滋賀県に絡んでくるんだろうと不思議に思いました。が、よくよく聞くと、黒田官兵衛の祖父がこの地に暮らしていたとか、官兵衛の子供が幼少期に長浜で過ごしたとかいうらしいです。

長浜は秀吉が築城したとか、戦国時代に重要な拠点となった。

大河ドラマ館ができていた。

戦国ファンにはたまらない町である。

我が町も楠正成がちょっと立ちよっただけなのに、銅像があるので、大河ドラマで盛り上がりちゃんと街おこしを計る木之本町は積極的で素晴らしいと思いました。

▼黒田官兵衛にまつわる土産ものの数々

黒田ぶし…そうかそうか

黒田かむべい せんべい 美味しそうですね

饅頭のパッケージイラスト 官兵衛と光姫の絆 感動のあまり身体がふるえてくるようないい絵柄です。

あの漬物「サラダパン」の”つるや”謹製の 黒田パンべえ

頭の部分が透明になっていてパンの色が見えるようになっております。

中はこんなんです 下がココア生地、上はかぼちゃ風味でしょうか。

最後にこの動画を観よ▼