更年期から墓場まで

子梨・更年期BBAの私見偏見吐露雑談ブログです。

奈良

この男性の話はこちらもどうぞ慣れてくると、鹿の表情を見る余裕が出てきた。あの大きな瞳がきらきらしているのが、たまらなく愛おしく思えてきたのです。しかし、煎餅目当てなんだよなあ。なくなったら、やつらは散るんだよなあ、あっさりと。景気のいいと…

最初に観光客や修学旅行生が鹿せんべいを買いやすい、興福寺近辺。そこは、まさに「ボス」ともいえる強そうな鹿が陣取っています。なので、ここで、鹿の洗礼を受けることが多く、トラウマっぽくなることが多いものと思われます。

時は秋 鹿の発情期 あとで詳しい人に聞くにあれは、メスの香りに惹かれてたんだ、と。角切りのあとで本当によかった。「角きり」という行事が非常に大事だということがよくわかりました。奈良の鹿愛護会

夫とのなれそめ、それそれ

そう…夫は、生き物に好かれるたちの人でした。 女性でもいますね。こういう人。私は、彼の妻でなくて、実は、すりよる動物のひとつではないかと思うことがあります。

このハートの形にファンが多いもよう。あと、時々、もろにフンをします。見たことがある方はわかると思いますが、もろ、です。フン製造機のように出ます。下にお尻の穴がついてないので、初めてみた時は衝撃でした。絵にはとても描けません…

なにかに取りつかれたかのように、撒いていた。いったい彼の人生に何があったのでしょう。それは鹿のみぞ知る。

本物(?)というか、着ぐるみ、なんですが。50体くらいが各所にいはるように思いこんでいました。 彦にゃんみたいに「中には人がいないことになっている」から、一体だけがどこかで、活動しているのかなあ?京都でよく他府県の人に「舞妓さんがあちこちにい…

ゆるキャラの祭典が10月23日・24日にあります。滋賀県彦根にて。ゆるキャラ祭in彦根せんとくんも彦にゃんも大好きです。これを見ると、魅力的なキャラが全国にはたくさん!

あと、逃げだして野生化しているペットには、ミドリガメなどがいます。