更年期から墓場まで

子梨・更年期BBAの私見偏見吐露雑談ブログです。

和菓子・京菓子

桃の節句 雛祭り 京都の和菓子・上生菓子

柏屋光貞さんの上生菓子。上品で口あたりのいい「こなし」。今年はすっかりお雛さまとか忘れていたのですが、味わっているうちに、嬉しくなってきました。味覚が副作用のせいでおかしくなる日もあるのですが。こんな風に目や香りで楽しめると、とても元気が…

節分だけの京都の和菓子「法螺貝餅」

今日は節分ですね。皆さま、恵方巻き食べてますか〜!?知る人ぞ知る、本日のみの京都の柏屋光貞さんの「法螺貝餅」を食べました。甘いもの三昧の生活は辞めた私ですが、この店のお菓子だけは、一生食べ続ける、そのためには絶対身体を直すぞっ!と思ってい…

浜名湖土産「うなぎパイ」の”夜のお菓子”の真の意味は

昨日のケンミンショーではじめて、「夜のお菓子」の意味するところがわかりました。 ずっと曲解してました。申し訳ございませんでした。お詫び申し上げます。 ▽春華堂(しゅんかどう)「うなぎパイ」を食べてみた! http://kyoto-wagasi.com/bangai_review/2…

やっぱお囃子を聞くと、気分が上がりますね!

画像は「したたり」という御菓子がつくお茶席のある菊水鉾。小豆の美味しいドリンクを飲みながら歩きました。宵山も行くよ〜(夜はさすがに無理だけど。すごい人ごみだと思うので…)

茅の輪↓ 画像はフォトライブラリーさまより

古都古都スイーツ1巻 http://p.booklog.jp/book/28721 古都古都スイーツ2巻 http://p.booklog.jp/book/28740電子書籍の宣伝です。 既出の出版社さんの許可を得まして、このたびはやりの電子書籍にいたしました。1巻は無料で読めます。2巻は47円です。(1…

昨日観ていたテレビ「クールジャパン」とかいう英語(?)番組。 和菓子の特集でした。日本の「和」菓子の特徴として、動物性でなく、「植物性」材料だということが言われました。そういえば!!豆!葛!米粉!果物!低カロリーでヘルシー、身体にもいい! …

以前食べた虎屋のは、復刻!って感じで、毎年食べたい!というものではなかったのよ。この全国和菓子協会の説明を読むと、昔は、もっとイベントとして盛り上がってた感じ。どうも現代は、和菓子をおしいただく、という印象が強い。バレンタインやクリスマス…

NHKのタイムスクープハンターでもその氷が献上される工程が撮影(?)され話題になりました。お氷様はかくして運ばれた「氷室町」と名前のつくところは、この氷の貯蔵庫があった可能性が高いと聞いたことがあります。検索をかけると、全国に「氷室町」が…

有名なのが、鼓月の「千寿せんべい」。修学院にある遊月という店のも隠れた人気があります。詳しくは、こちらを。

(; ̄ー ̄盆地はすごいわ〜〜やっぱ。京都の地下には、琵琶湖くらいの地下水があるそうな。夏にはサウナ状態になるってわけ。夏の名物、老松の夏柑糖についてはこちら。

家に帰ってから冷静に考えたら、錦玉(きんぎょく)のことだと分かりました。

ほんとうに、7月16日、一日のみの和菓子です。 要予約。以前の記事です。

小豆のゆで汁で作るからこういう色になるそうです。

最初の一個目が、ちょっと離れていると、食べやすいですよね。そのためかと思ってました。食べログ 賀茂みたらし茶屋

申餅は、紋とかじゃなくて、かつて祭の名物だった菓子を復活させたのだとか。”薄あかね色に一面に染まった明け方の空を思わせる「はねず色」”の和菓子。15日から発売開始とな。申餅(さるもち)について、京都新聞の記事はこちら。私の以前いただいた葵祭…

中山圭子さんの「和菓子おもしろ百珍」という書籍によると、江戸時代のポピュラーな和菓子、現在は少ないとのことです。切山椒がそのDNAを継ぐものとして、紹介されています。京都では現役にあるようなので、驚きます。この三種類の他にも色々あるかもしれま…

手包みに、こりゃうめえ!というのが多いのは事実です。それは、手包みだから、ということではなく、そこまで手をかけている店はアンコも自家製だったりするので。機械包みも、負けてません。なによりも、値段がリーズナブルなのがよろしい。

柏餅(かしわもち)についてはこちら、粽(ちまき)についてはこちら もどうぞ。しかし、漉し餡と白い餅の組み合わせが東京のデフォルトのように夫くんは言うのですが、本当でしょうか?