更年期から墓場まで

子梨・更年期BBAの私見偏見吐露雑談ブログです。

マンガの持込

梅田ですら迷うのに…今回おもしろかったのがこの人 八重洲(やえす)という名前の由来になった人らしい。地下街でこの像にいきなり遭遇したとき吹いた。この見つめる目はすごい。おのぼりさんを励ますかのような強い存在感。ヤン・ヨーステン オランダの方だ…

忙しい時間に対応してくださった方の前で寝るなんて、本当に失礼なことをしました。今でも猛反省しています。それにしても、若いころは、夜行バスなんて、平気の平左だったのになあよる年波には勝てない(そういう問題ではないですね)ケチらずバスではなく…

年齢はやはり、ネックでした。世の中「夢に年齢は関係ない」とかキレイごとが言いますが古いやり方にしがみつくプライドを捨てられるとか 新しいセンスを柔軟に吸収する能力とかがあればの話でしょう。どんな仕事でもそうでしょうね。…ああ…書いていて、胸が…

まあ、普通の会社なら、突然やってきた営業の人に時間を割いたりしないよね〜。それが仕事とはいえ、良心的な人が多い世界なんだと思いました。

名刺を最初からくれる人もいましたが、単に、全員に配る習慣だと思われ…

一見、平凡な饅頭な中にほんまもんの感動があった!それまではね、ゾンビだとか宇宙人とか世界のおわりだとか、世界平和だとか そういうのが感動だと思ってたのよ食べ物の力ってすごいなあ

連絡が特になかったのはB級オジサマ雑誌だったからでしょうか?とはいえ、老舗出版社だったんで、うれしかったです。当時は20歳すぎたら(今もかもしれませんが)漫画の仕事を探すのは、やるだけ無駄みたいな話を聞いた。なので、あきらめてしまったんです…

年=キャリアではない。どこの世界でもそうですが。一応、美大出ているというのに…。